sony α Photo gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 島村の渡し

<<   作成日時 : 2013/02/08 19:07   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

群馬県伊勢崎市境町島村の渡し船を雪が降る中撮って来ました。

明治大正から200年以上も続いている渡し。今も、運行している
そうです。乗船無料。
雪景色と渡し船ですが風情があり絵になります。

−1−
画像


−2−
画像


−3−
画像


−4−
画像


−5−
画像


カメラ:SONY α77 レンズ:SONY DT 18-135mm F3.5-5.6 SAM 撮影モード:絞り優先

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
少し雪が降って渡しの格好な被写体が有りましたね。これは最初から狙っていたのでしょうか?さすがですね。
信徳
2013/02/09 18:26
信徳さん、コメントを有り難う御座います。
島村の渡しは昨年、仲間の写真をはいけんしてから、
休みの日に雪が降ったら行って撮ろうと狙っていました。
この様な、写真は何回か撮ってみないと良し悪しが
わからないですね。
tomo
2013/02/09 21:30
あ〜あの日はここに行かれてたのですか。
結構遠くまで足を伸ばしたのですね。
この近くに友人が居たので、学生の頃は結構遊んだ場所です^^
雪に渡し船、いいですね〜!
kazu-m
2013/02/09 22:55
良いタイミングで撮されて居ますね
この日、tomoさんと別れて会社に戻り9時半頃、雪の量が増えたので
再度玉村の白鳥を訪れましたが着いた時には小雪となり雪絡みが撮せませんでした。

ストロボを使ったのでしょうか?
手前の雪ボケが凄く素敵です。
ちなみに昨日初めてこの場所を下見してきて実際に船に乗せて貰い、
川の往復を行って来ました。
この写真は伊勢崎側から撮されて居ますが、本来は名前の通り川の反対側の
島村側が本家となるのでしょうが、境町は伊勢崎市に合併したことにより
今は伊勢崎市がこの渡し船を管理して居るとのことで
本部が伊勢崎側に置かれています。
それともう一点・・・ 撮された船は島村の渡し船ではなく地元の漁師が使っている物です。
本当の渡し船はもっと近代的なモーターボートでした。
古ぼけた木の船で竹竿で川底を突きながら移動するのを想像して
下見に行ったのですが、あまりの違いに驚きでした。
乗車するに辺り、黄色の水に浮くジャケットも着用する義務もありますしね。(^_^;)
kazucyan
2013/02/11 12:33
kazu-mさん、コメントを有り難う御座います。
休日に降る雪を狙って行ってみました。
以前、仲間の写真を見せて頂きどうしても行って
撮りたかった被写体だったので。
tomo
2013/02/12 20:07
kazucyanさん、コメントを有り難う御座います。
ストロボを使って降る雪を止めてみました。
やっぱり凄いなぁー。
実際に乗船して下見をするんですね。
写真歴は自分と同じなのに何故、こうも作画の違いが
わかる様な気がしました。
気持ちの入れ方が違いますからね。

12日、スキーの帰り菅平の唐沢の滝に寄ってみました。
夕方だったのですが、運良く晴れていましたが、
長靴を持参するのを忘れ限られた場所からの撮影で
kazucyanさんの様な写真が撮れませんでした。
また、PL−cの装着も忘れ滝虹を撮る事が出来ませんでいた。
まざまざ、写真撮りの難しさを痛感しました。
同じ、被写体を狙って見ると勉強になります。
とも
2013/02/12 20:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
島村の渡し sony α Photo gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる