sony α Photo gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 滑らかな流れ(修正画像あり)

<<   作成日時 : 2013/05/23 21:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

再チャレンジした新緑の黄金の滝。

前回は午前10時頃の時間でしたが、今回は、午後3時頃で
日差しもやや西に傾き新緑から緑葉に変わり、渓流に覆い
木漏れ日とな陽光が弱いので紫外線による七色の輝きを
撮る事が来なかった。

−1−自然のままの滝風景
画像

−2−滝周辺の乾いた石に水をまいた後で撮った滝風景(師匠の教えに従って)
画像

−3−滝の流れ込みに寄って下流の新緑の映り込みを意識して水平の構図。SS30秒
画像

−3−修正画像
画像

−4−3枚目をタイムラグで斜め構図でSS30秒。そして、ローアングル狙ってみた。
画像

撮影地:中之条町 日時:2013/05/22日(水) 天気:晴れ 時間:午後3時過ぎ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
順番的に水撒きが最初ですよ・・・
一番肝心な滝の直ぐ左の絶壁が濡れていませんよ(^_^;)
この部分を濡らすのに場所も水を掛け辛いですし
滝の落ち出す先端から手で掛けていたので凄く時間が掛かったので
バケツを持って行くように伝えて置けば良かったかな・・・
と思っていました。

白飛び注意を忠実に守って撮せているのは見事ですね。

そんな訳で、白っちゃけた岩が入り込んで居ない3番目が一番良いです。
編集的なアドバイスをさせて貰うと
3番目ではメインの滝の明るさはそのままに
洗濯岩を含むその先が明るすぎて写真が軽く見えてしまうので
その辺がしっとり来る様にトーンカーブで丁寧にバランスを調整すると
さらに良くなると思います。
さらには、滝から渓流が続く様子を撮したかったと思える構図ですが
渓流の向かう先が左上で僅かに残って居るだけで半端です。
その僅かな隙間がやけに気になり、メインの滝景色の注目度を落としているように感じる為
その手前の大きめな岩に半分掛かったところまでで画面を切り取ってしまった方が、写真全体の印象が上がると思います。
私が見本で見せたように、その先の新緑入るのであれば、渓流の向かう先までもありでしょうが、この画角からするとその一歩手前がBESTに感じます。
kazucyan
2013/05/24 08:28
2枚目惜しい一枚ですね・・・
風の影響か手前の葉っぱがブレてしまいましたね
それでも雰囲気として入れる価値は有ったと思いますが
滝の左の岩が乾いているのと、
割れた4つの岩の一番左が陽の当たる角度の制か濡らしていても一つだけ光ってしまっているのが惜しいと感じます。
これをカットしてしまうと滝壺が丸く広がる雰囲気を損ねてしまうのでこの場合入れるべきでしょうが、出来たら可変NDにさらにPLを装着してこの部分のテカリを抑えられたら更に良くなったことでしょう。
場所がメインの滝と画面上対比した位置に有る為に一つ明るいこの岩がちょっと目立ってしまっているように感じました。
kazucyan
2013/05/24 08:29
kazucyanさん、貴重なアドバイス有り難う御座います。
水撒きをしない画像とした画像の違いを比べてみました。
滝左上の岩に水撒きをチャレンジしましたが危険を
感じたので止めました。
3枚目、渓流の流れ出しの構図の中途半端はご指摘の
通り中途半端ですね。
3枚目と同じ構図で新緑の木々を入れた構図も撮りました。
午後と言う事で明暗の差があり、露出調整が難しかった。
トーンカーブで調整ですね。わかりました。

2枚目の写真ですが、水撒きをした直後に撮った写真ですが、
滝壺の石に陽光が当たって光ってしまいました。
撮るタイミングを待ったが待ちきれず撮りました。
>出来たら可変NDにさらにPLを装着してこの部分のテカリを抑えられたら更に良くなったことでしょう。
わかりました。これでステップアップになるかな。
tomo
2013/05/24 11:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
滑らかな流れ(修正画像あり) sony α Photo gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる